Biography

PHOTO: D.S.
PHOTO: D.S.

1963年12月生まれ、神奈川県出身。幼少期よりThe Beatlesに心酔する。

 

高校時代の1981年 YAMAHA「EAST WEST '81」に「寿限無」で参加し優秀賞を受賞。

 

1982年にオルケスタ・デル・ソルに参加。

 

1984年に自らのバンド、オルケスタ・デ・ラ・ルスを結成。また、この頃より、ロック、ポップス、ジャズ等様々なアーティストのツアー、レコーディングに参加する。

 

キューバへ渡航後の1989年オルケスタ・デ・ラ・ルスでニューヨークに進出。Village Gate、Palladium等で演奏。現地のラティーノ達に熱狂的に受け入れられ、後にグラミー賞のカリビアン音楽の新人賞にノミネートされる。

1990年にはオルケスタ・デ・ラ・ルス脱退し、生活の拠点をニューヨークに移し、1991年からティト・ニエベス・オーケストラにコンガ・プレーヤーとして参加。

1995年に帰国したのち、熱帯ジャズ楽団やSALT BANDに参加。

 

1997年SALSA SWINGOZA(サルサ・スウィンゴサ)を結成し、2000年1stアルバム「Swin' Pa' Gozar」をリリース。国内のサルサバンドでは最強のグルーヴと言われる。

2012年にリリースした、東日本大震災復興応援チャリティCD「Siempre con fe」の売り上げによる寄付金は200万円を超えた。

 

2枚のオリジナルアルバムと、2枚のライブアルバムをリリースした後、2016年 待望のニューアルバム「Cantando」をリリース。


これまでの共演者は、Dreams Come True、角松敏生、矢沢永吉、菊地成孔、葉加瀬太郎、鍵田真由美・佐藤浩希フラメンコ舞踊団(フラメンコ曽根崎心中)等。

 

ニューヨーク、キューバ、プエルトリコ、西アフリカ、スペイン等で体得した様々なリズムのエッセンスを消化し、アレンジして繰り出されるグルーヴはまさに大儀見ワールド。活躍の場は、ロック、ジャズ、ポップス、フラメンコ等多岐にわたり、その唯一無二のリズムの前に、もはやジャンルという言葉は意味を成さない。

 

 大儀見 元 Gen Ogimi official facebook page 
https://www.facebook.com/gen.ogimi.official/

 

大儀見元 & スタッフ twitter account
https://twitter.com/genogimi_ama

SALSA SWINGOZA official facebook page
https://www.facebook.com/SALSASWINGOZA/